ペプチアの副作用

ペプチアはお酒と一緒に飲んでも安全?アルコールとの飲み合わせ

常識的に考えて、薬を飲む時はお酒と一緒に飲むなんてことはしないと思います。

ただ、アルコールが体内に残っている状態や酔っぱらっている時にペプチアを飲むと危険なのか、飲み合わせはどうなのかについて気になったので調べてみました。

お酒が好きな方(私も含め)は毎日の晩酌が無いと生きていけませんからね…。笑

普段お酒を嗜む方は知っておいて損は無い情報かと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

ペプチアの公式サイト

 

ペプチアはお酒と一緒に飲んでも安心

ペプチアお酒

結論から先にお伝えしますと、

ペプチアの原材料は食品ベースで作られているので、お酒と一緒に飲むことによる副作用のような健康被害はありません。

ペプチアの主原料であるランペップは卵から抽出された成分ですが、

お酒を飲む時に卵料理を食べるのが禁止されていないのと同じように、ペプチアがお酒と合わさって危険ということはありません。

ランペップ以外の原料も、マカや亜鉛、バイオペリン(黒コショウ抽出物)等で、ペプチアは基本的に食品から作られています。

ペプチアはサプリメント(健康食品)なので、用量を守って飲んでいる以上は副作用はありません。

関連記事:ペプチアの副作用について

 

精力サプリはバイアグラ等のED治療薬とは違い、急激に血圧を下げるような医薬品成分は使用されていませんので、お酒との相性が悪いと言うことは無いようです。

これはお酒好きの人にはありがたいことですよね。

私もこの事実を知って安心しました。

もしアルコールとの飲み合わせが悪ければ、飲むタイミングを気にしなくてはいけなくなりますし。

ちなみに、ペプチアの効果を引き出す飲み方に関してはこちらの記事で解説していますので、興味のある方は併せてお読みください。

関連記事:ペプチアの効果的な飲み方

 

ペプチアを飲む男性がアルコールを飲む時の注意点

ペプチアをお酒と一緒に飲んでも問題ないとは言いますが、注意点としては、

何にしても飲みすぎは精力回復の妨げになると言うことです。

もちろん適量なら問題はありません。

ペプチアアルコール

アルコールは体内に入り、一時的に血管を拡張して血行が良くなりますが、後に毛細血管が委縮します。

この血管の萎縮は、下腹部やペニスの海綿体への血流も妨げてしまいますので、勃起力アップを目指す男性にとってあまり良いことではありません。

 

そもそも、飲みすぎて使い物にならなくなってしまうという経験は誰でもあるかと思います。

もしセックスの前にお酒を飲む場合は、適量を心がけましょう。

もちろん、ペプチアの効果によってペニスが強化された後は、多少のお酒でも中折れの心配がないくらい強力な勃起をしてくれます(体験談)。

ペプチアで結果を出すには、普段からコツコツと飲み続けると言うのがなにより大切なので、しっかり覚えておいてくださいね。

 

ペプチアの公式サイト